ドイル・ブランソン

ドイル・ブランソンは1933年に生まれ、2006年には、ポーカー界で最も影響力のあるプレイヤーに選ばれ、50年以上プロのポーカー・プレーヤーとしてポーカー界に君臨しています。ブランソンは、テキサス州の小さな町で育ち、足を怪我する前は、NBAにドラフト入りしたほどの運動選手でした。NBAでプレイする夢をあきらめたブランソンは、プロのポーカープレイヤーとしての道を選びました。1950年代には、ハイステークポーカープレイヤーグループ「テキサス・ラウンダー」のリーダーとなり、その後、ラスベガスに家族を率いて引っ越しました。ブランソンは現在まで、ワールドシリーズオブポーカー(WSOP)メインイベントウィナー、ポーカーホールオブフェイムの殿堂入り、ポーカーに関する書籍の著者として知られています。ブランソンは1976年および1977年に数回にわたってWSOPのメインイベントで勝利し、4年連続でWSOPトーナメントの勝者となりました。ブランソンは、WSOPブレスレットを10本、ワールドポーカーツアータイトルを獲得しています。